追想編:渓流釣り解禁日に釣りに行く!!毒川釣行記(2020年)

スポンサーリンク

この日の釣行は、入ろうとしていた沢に既に他の人が入っていて、下流にくだっていく釣りでした。

●2020年4月1日渓流釣り解禁(山形県)

釣り海釣り好きな私ですが、渓流釣りもするのです(∩´∀`)∩
渓流釣りは親の影響で小学生の時からやっています。社会人になってからはシフト制の勤務体制を生かして、毎年渓流解禁日の4月1日に希望休を取って、釣り友や親とウェーダーを着て渓流釣りに行くのが恒例となっています。

山形県では3月1日が渓流釣り解禁日でしたが、数年前に4月1日に変わりました。3月だとまだ山には大分雪が残っておりカンジキが必要でしたが、今はもう必要ない感じです。今年の場合は、暖冬の影響で本当に残雪が少なかったです。

●今回の釣行🎣

4月1日(水曜日)
天気:雨☂
気温:10℃位だったかな?(o゜ー゜o)??
水温:-
場所:山形県仙人沢橋から入ろうとしたが⁉
釣り時間:6:40~13:00(9時ごろ解散、私は場所を変えて12時まで粘りました。)
釣果:二人でイワナ1匹

去年の写真☟

 

●釣り場に到着するも、先駆者が!

去年、仙人沢橋のすぐ上、写真で見える堤防の所で1時間ほどでイワナ7匹を釣りあげました。そのため、今年はこの仙人沢を上ってみようと予定を立てました。

当日は生憎の雨☂でした。

釣り友であるS氏と6時40分に猿倉に待ち合わせして、仙人沢橋に向かいました。今年は、記録的暖冬で周りには雪が全然ありませんでした。

橋に到着すると、悲しい光景が待ち構えていました。なんと、既に車が停車しており、釣りに入っているようでした。私は、残念と思う気持ち、県外ナンバーの車を見て『朝早くから頑張るの~』と感心してしまいました。

以前の記事にも書いたと思いますが、渓流釣りは早く沢に入ったもの勝ちなのです。あとから入って先行者を追いかけても魚が警戒してしまって全く釣れないです。

私達は、仕方なく堤防で少し竿を出してみることにしました。

なんと!!1投目でイワナを釣りあげました。もしかして、この調子で釣れるのではないか⁉と思いましたが、その後は全く反応が無かったでした。

私達は、既に人が入っている上流に上っても期待できないので、下流に下りながら竿を出すことにしました。☞結局1匹も釣れませんでした(ノД`)・゜・。

天候も悪いので、9時頃に早々と解散しました。

●時間があったので。。。新たな釣り場の開拓に🐮

私は、せっかく休みをとったのでこのまま帰るのは勿体ないと考え、一人,30分ほど車で山を下り適当に沢に入りました。入ったことが無い所で竿をだすので、念のため、家族に位置情報を送りました。

下流の方は、鉱山から繋がる川に何処かで合流しており、その合流を見つけようというのが『目的』です。合流部から下流は全く生物が住めないような環境です。魚は泳いでいません。多分。。。

毒川合流部から上流部は、もしかしたら、未踏のパラダイスなのではと考えました。(。◕ˇдˇ​◕。)/

●ついに発見!毒川との合流部。

黙々と竿を出しながら遡上し、やっと合流部にたどり着きました。見てください写真を☟毒川、色がヤバいですよね🗿

やっと釣れるようになるかと思い、ワクワクしていたことを記憶しています🗿

毒川合流部より上流域を遡上しても、一向に釣れませんでした。所々、岩が茶色くなっているので、少なからず毒川の影響があるのかかもしれないです。数時間が経過し。。。何と最初の仙人沢橋まで到達してしまいました。(ノД`)・゜・。

橋から車まで戻るが本当につらかったです。。。ただ、無言で、早歩き川を下るのみでした。道路を下って行く方法もありましたが、蛇行しており距離があるので、直線的な川を下る方が早いと判断しました。

●反省

もう少し早い時間に、出発を設定しておけば良かったと思います。6時半でも結構早い方だと思ったんですけどね。。。先を越されたら全てパーです。そこから別の場所に移動するのにしても時間を要して、他の人に先を越される可能性があります。

来年はもっと早く来なければいけないと知れたことと、仙人沢橋より下は釣れないと分かったことが、今回の釣行で得た成果でした。🗿

追伸)この3日後、小国に渓流釣りに行きました。そこでの釣果は良かったです(∩´∀`)∩近日、公開しますね。

スポンサーリンク

シェアしてください!