少し遅めの『今年の抱負』。その弐!野生のスッポンを捕獲して飼育する。

スポンサーリンク

スッポンを捕まえる!!

昨年、生まれて初めて『スッポン』を釣りました。住んでいる近くの川でミミズを餌に鯉釣りをしていたら30㎝ぐらいのがかかったのです。
その川は、ナマズやハヤ、オイカワなどが釣れ、私が小さいころから通っていた川です。
ちなみに、私の場合はここ数年鯉釣りにハマっており3年ぐらい前に親父のテンカラ(毛針用の竿)を鯉に折られて以来、ずっと青物用の海釣り用の竿で釣りしています。

スッポンを捕まえたときはTVや本、ネットでしか見たことがない生物でしたので、とても( ゚Д゚)しましたし、噛まれると指が千切れると聞いていたので恐怖のあまり逃がしてしまいまいました。
後日職場の人に話したら、「勿体ない。高級食材だから食べればよかったのに。」と言われ惜しいことをした。また捕まえてやるという気持ちになり⇒あの川に住んでいるのは立証できているので、効率性を考慮し捕獲機を使って捕まえようと思うようになりました(´艸`*)

ちなみに以前投稿した。 『人生初‼スッポン鍋!』でスッポン鍋を食べに行った理由は、今回投稿記事の出来事がきっかけです。

カメもんどりの存在、購入、そして自作

皆さんは『もんどり』って知っていますか?小魚などを捕獲する罠で、一度網に入ったらなかなか抜け出せなくなる仕掛けの事です。その亀バージョンがあることを私はネットで知りました。(*’ω’*)
早速購入しようと楽天市場で検索してみると、ヒットはするんですが販売店も少なく、異常に高額なのです。1セット1万8千円位。恐ろしい(ノД`)・゜・。

 

楽天市場以外でも探し、ようやく幾分安く入手できたところはヤフーオークションでした。先ほどの高額モデルと同モデルが1万円でした。(それでも高い!)
あまり買う人がいないため、希少価値でもあるのでしょうか?

捕獲率を上げるため仕掛けは2セット準備し、2か所別々に仕掛けたいと考えていました。しかし何分高額なので、購入した物を真似て自作してみようと考え
自宅にあった網や針金を使用し、見様見真似で作成してみました。製作時間は3時間‼意外とかかりました。(一一”)
どうでしょう?意外としっかりしたものが出来上がりました(/・ω・)/

市販品

 

自作

市販品と自作の比較写真です。

亀もんどりの成果

カメは夜行性のため、夕方仕掛けて朝方に仕掛け回収する作戦にしました。餌は、臭いが強いニシンサンマを近所のスーパーで購入しました。
カメは強烈にくさい臭いが良いらしいです。そのため、スーパーではお魚コーナーの売れ残りで安くなっている品物を購入しました。1匹50円くらいです。

亀は初回の捕獲作戦から4匹ゲッチュすることができましたが、スッポンではなく、クサガメという種類でした。それでも、私にとって亀らしい亀を捕まえるの事体初めてだったため、とても満足し全てお持ちかえりして飼育しようと家の池に放しました。
しかし、奴らの行動力を侮っていたため、殆ど次の日には逃げられてしまいました。。。
それから、何度も仕掛けを設置しましたが、獲れるのはクサガメただ1種類のみでした。合計10回ぐらい設置⇒引き揚げを繰り返しましたが、結局お目にかかることはできませんでした。😢

 

今年こそスッポンを捕獲して見せる(∩´∀`)∩

私はまだ諦めてはいません。昨年10位で捕獲作戦が終了したのは、季節的タイムリミットが過ぎたからです。今年は早めに設置して気長に捕獲を試みる予定です。
希望はあります。理由は、去年のある日、同じ水系に餌を海で釣った真鯛の頭を入れた亀もんどりを仕掛け、準夜勤明けに仕掛けを見に行ったら仕掛けの脇に50㎝ぐらいの巨大スッポンの姿を見たのです。マジです(。◕ˇдˇ​◕。)
スッポンがデカすぎて仕掛けに入っていけないサイズでした。深夜1時くらいでしたが、水深膝上位までの川に飛び込み手づかみを試みましたが、逃げられました。奴は意外と早かったのです。片方の手にライトも持っていましたし。。。

スッポンは捕まえたら、ひとまず飼育しようと思います。食べるか食べないかはその時になって考える予定です。(-ω-)/

スポンサーリンク

シェアしてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です