リファファインバブルSを導入!!マイクロバブルを発生させるシャワーヘッド

スポンサーリンク

我が家で新しく導入した生活家電をご紹介します。ReFa『リファファインバブルS』です。

この商品は、現在お使いのシャワーヘッドと交換すだけで、マイクロバブルとウルトラファインバブルを含んだシャワーに大変身します。∑(〇Д◎ノ)ノ

●購入のきっかけ

(一一”)ある日TVショッピングで、これと似ている商品が紹介されているのを目にし、汚れ落ちが良いということですごく欲しくなりました。得意の楽天市場で『マイクロバブル シャワーヘッド』で検索してみると、類似商品が沢山表示され、それぞれの紹介ページを拝見した結果『リファファインバブルS』を選択しました。

このリファファインバブルSは、他のバブル発生シャワーヘッドと比較して値段が高めですが、商品説明節水能力選べる4つの水流モードなど、それだけの価値はありそうだと考えました。

ReFa FINE BUBBLE S
サイズ 約86×232×110mm
重量 約250g
材質 ABS、ASA、ポリセタール、コポリエステル、銅、ステンレス、エチレンプロピレンゴム、ニトリルゴム
付属品 K(KVK用)アダプター、M(MYM用)アダプター、G(ガスター用)アダプター、外装リング、ゴムパッキン、取扱説明書、クイックガイド、ギャランティーカード、保証書
※商品紹介にMTG公式ショップの商品販売ページの画像を引用しております。

●ウルトラファインバブルとマイクロバブルとは

リファファインバブルSのバブル発生能力☟

●リファファインバブルSの4つのポイント

ウルトラファインバブルが毛穴の奥まで入り込んで汚れを取り除き、マイクロバブルが毛穴に詰まった大きな汚れを浮かせて取り除くらしいです。

各ポイントの詳しい説明はMTGオンラインショップの商品販売ページをご覧ください。試験データ動画で分かりやすく説明されております。☟下のロゴをクリックすると、商品説明ページに行きます。(。-`ω-)

●リファファインバブルSの外観

シャワーヘッドは、水色の立派な箱に入ってきます。いい値するだけあります。肝心のシャワーヘッドも凝っているデザインでかっこいいです。凄くキラキラしています。

本体は写真でみるとわかると思いますが、意外と大きいです。今まで使用していたシャワーヘッドと比べてみるとその差は歴然です。(写真)☟

➢シャワーヘッドの交換はすごく簡単です。シャワーヘッド根元をクルクル回して外し、リファファインバブルSのシャワーヘッドをクルクル回して取り付けるだけ。我が家の仕様上、アダプターを使用せずそのまま取り付けることができました。

●4つの水流を比較してみる

POINT3の選べる水流を比較してみる。

ストレートモーーード!!(= ̄Д ̄)y

シルキーバスを作成するのに一番適しているモードです。洗面器にお湯を貯めるだけでも、白く濁るほどお湯中にバブルがあると時間できるモードといえます。

パワーストレートモーーード!!(∥ ̄■ ̄∥)

通常使用する場合のモードといえます。

ミストモーーード!!ヽ(`Д´)ノ

肌への刺激が少なく、洗顔などに適したモードといえます。ミストという特性上、他のモードよりも体感水温が低く感じます。

ジェットモーーード!!(屮゜Д゜)屮

狭い範囲に高水圧で洗い流すモードです。湯シャンなどに適していそうです。

ちなみに、元々使用していたシャワーヘッド。ストレートのみ。

4つの選べる水流で、一番びっくりしたのがミストモードです。他のモードの使い心地は何となく想像できると思いますが、ミストモードは他の3つのモードとは明らかに性質が異なり、肌に抵抗が無いというか優しいという印象です。シャワーヘッドから発射される勢いがあるのに肌にあたると水圧が分散されてほとんど勢いを感じなくなります。この不思議な感触はぜひ購入して実感して頂きたいですね。洗顔なんかにBESTなもーどだと思います。( ´ー`)

※写真は、止水弁調整(湯側全開放)前に撮影したものです。

●節水シミュレーション

 

●シルキーバスを作ってみた

シャワーヘッドを浴槽に入れるとなめらかな肌触りのシルキーバスになるということで、早速実験してみました。(。-`ω-)

シャワーヘッドを入れる前

シャワーヘッドを入れて約30秒後。肉眼的にも白く濁ってきているのがわかる。排水栓がかろうじて視認できる。

シャワーヘッドを入れて約1分後。シルキーバス完成といっていいのではないだろうか?底が見えない状態で、目を凝らすとお湯の中に沢山の小さな泡(マイクロバブル)が視認できる。正直、ただのお湯がここまで白く濁るとは思わなかった。
とってもビックリw(゜o゜)w

留意点
シルキーバス作成後、シャワーを止めてしまうと数分で元の透明なお湯に戻ってしまうようであった。
注意点
シルキーバスを作成するには、ある程度の水圧が必要であると思われる。我が家の場合は、パナソニックのエコキュートで、水圧低めのためそのままでは中々シルキーバスになってはくれなかった。その場合の対処は、

  • お湯/水側の止水弁を開き(お湯側はほぼ全開)
  • 温度調節レバーを少し低温側に設定

することで、写真のようなシルキーバスを作成することができた。

ちなみに、温度調節レバーを低温側に設定せず、通常使用でも明らかに湯中に小さなバブルが発生していることは視認できるので、POINT1の洗浄とPOINT2の保温保湿の恩恵は享受できていると思う。

●最後に

(*’▽’)いやぁ~高かったけど、いい商品に巡り合えたと思います。すぐにはポチれない値段ですが、最初の購入費だけですし、その先ずっと使えて、節水効果で水道代も少し安くなるとポジティブに考えれば購入検討してもいいのではないでしょうか?

シャワーヘッド自体もしっかりした作りで、確実にマイクロバブルを発生させてくれます。ただ、購入前はご自宅の水圧を確認してもらった方がいいかもしれません。圧力差でバブルを発生させる構造なので、元々が弱めの水圧であれば期待するほどバブルは発生しないかもしれません。

スポンサーリンク

シェアしてください!