アオリイカ釣行記(2020.9.6)

スポンサーリンク

鼠ヶ関と三瀬近くの磯場に、親父とエギング🦑行ってきました(;一_一)/
沖縄近くに台風10号が近づいていましたが、天候、海の状況、共にまだ影響はないようで絶好の釣り日和でした。暑いだけ。。。

日付:2020年9月6日(日)
釣行時間:5:00~9:30

《場所》

  1. 鼠ヶ関
  2. 三瀬近くの磯場
  • 対象魚:アオリイカ
  • 天気:晴れ
  • 気温:30℃前後
  • 波:0~50㎝
  • 私の釣果:7杯(鼠ヶ関5杯、三瀬2杯)
    親父の釣果:0杯

※ちなみに、今回私はグロー系のエギ1個(size1.8号)でロストすることもなく7杯釣りあげました。この色とsizeは、これからのファーストチョイスにしたいと思います。

●釣り環境

台風10号の影響で、南の方が真っ赤ですが、山形には、まだその影響が来ていませんでした。(∩´∀`)∩

カマスが来ていて、アオリイカが沖にいっているという情報があり心配していましたが。。。結果、大丈夫でした。

《波の状況》

《爆釣タイムと潮汐》爆釣タイムを調べる

《海水の透明度》

●出発

2020年9月6日(日)2:15頃に自宅を出発し、5:30頃に鼠ヶ関に到着しました。鼠ヶ関は珍しく、釣り人の車が沢山停まっていました。釣り場から近い所は、駐車スペースの空きがありませんでした。

 

●鼠ヶ関から釣り開始

5:40ぐらいから釣りを開始しました。雲一つない空は、綺麗なグラデーションに染まっていました。

6:00になると太陽も顔を出して、辺りが急に明るくなります。朝マズメ、勝負の時です。

6:00~7:00はいい感じに釣れました。

 

7:00過ぎ頃に、気分を変えるため場所移動することにしました。ここでの釣果は5杯でした。しかも結構いいサイズです。

●三瀬近くの磯場に移動しての釣り

この場所は、去年見つけた所です。案の定、沢山のアイリイカ🦑が足元を泳いでいました。釣り人が既にいましたが、広い場所なので問題なく竿を出すことが出来ました。

この場所は、小アジも沢山泳いでいます。今度来るときはサビキ釣りセットを持参したいと思います。コンビニも近くにあるので、磯場ですが意外と初心者にもいい場所かもしれません。ここでは2杯釣りあげました。

そういえば、この場所でイカ🦑〆の道具を拾いました。ラッキー!!

●帰路の途中は『はちのや』で、こてっぱちのはずが。。。

昼食は山形市の『はちのや瀬波店』に行ってきました。なぜか海釣りの帰りは『はちのや』の油そば(こてっぱち)が無性に食べたくなるのですが。。。親父が飽きて他の所に行きたいと言ってきたので、紹介された食堂『佐平治』に行ってきました。(。◕ˇдˇ​◕。)/

この食堂、実はかなり有名な店でした!!今度『美食会』で紹介しますね。

●アオリイカのバター醤油炒め

帰宅後はいつものように竿やリールなどを真水で洗って乾かしました。その後、釣ったアオリイカの下ごしらえをしてから爆睡しました。(一一”)

夕食に出てきた。アオリイカのバター醤油炒めです。イカの頭部など料理に使えない所は、亀の餌にしました。バク食いしてました。

 

●まとめ

今回の釣りは、日曜日で天気も良いためか、釣り人が多かったです。鼠ヶ関では、珍しく中駐車スペースに困ってしまうぐらいでした。私は、テトラの上で竿を出すことが多いのですが、墨の跡は無かったので、大丈夫か?と最初思いましたが、日が昇ってからの6:00~7:00で5杯を釣りあげることが出来ました。また、墨の吐き逃げも5回ぐらいありました。悔しい。。。(-_-)

私は満足のいく釣果だったのですが、親父は墨の吐き逃げが1回だけで釣れませんでした。釣り回数の差ですかね?エギングを始めたのは親父の方が早いのですが。。。

9月6日(日)2:15 起床し、鶴岡の鼠ヶ関へ向け出発
5:30 鼠ヶ関到着(途中コンビニで食料調達)
5:40~ エギング開始:5杯
7:15~ 移動開始
8:00~ 三瀬漁港近くの磯場に移動し釣り再開:2杯
9:30 納竿
11:00? 米の子ドライブインで休憩
12:00 佐平治食堂で昼食
13:50 自宅到着、片付け
14:00 アオリイカ下ごしらえ

 

帰り道は、親父とバイクの話をしていました。

現在ホンダのAX-50という250㏄のバイクを持っていますが、エンジンのかかりが悪く、走行中にエンジンが止まって再起不能になったことがあったので買い替えるかもです。話に上がったのが、『モンキー125』 or 『ハンターカブ』です。私的にはモンキーなんですが、共同出資者の親父はハンターで悩み中です。(。-`ω´-)ンー

〆ショット

スポンサーリンク

シェアしてください!