2周目シイタケ栽培日記( ..)φ

スポンサーリンク

『しいたけ栽培キット』2周目の栽培記録を載せていきます。(。◕ˇдˇ​◕。)/1回目の収穫を終え、菌床ブロックを2~3週間休ませて栽培を開始します。

1回目の収穫数には全然届きませんが。。。2回目栽培で収穫したシイタケは○○○が全然違いましたΣ(ОД○*)

菌床ブロックを休ませているときの様子です。玄関に置きっぱです。

 

●休養させれば2周目も生えてくる『しいたけ栽培キット』

2週目の栽培手順も『しいたけ栽培キット』についてくるパンフレットに記載されています。☟

この栽培キットは楽天市場で購入しました。そのお値段!送料込みで『1980円』!!安いのか高いのか!?よくわかりません!こちらは栽培容器付きです。

初めて購入する方は栽培容器付きが絶対におススメです。保温、保湿できますし、🍄の発育を阻害しない絶妙な大きさです。
☆彡栽培ブロックのみだと送料込みで1,020円でした(∩´∀`)∩

●菌床ブロック休養期間

菌床ブロック休養期間は1回目の収穫後2~3週間です。休養期間中はブロック表面が乾かない程度に霧吹きなどで水をあげる必要があります。

休養1週間過ぎたあたりにブロックに異変が⁉まさかの出来事発生Σ(・ω・ノ)ノ

何と!しいたけ1個生えてきてしまいました。

日に日に唯一生えているシイタケが🍄が大きくなり。。。

しいたけ🍄1個だけの収穫❕
1個だけでは何も料理できない。。。と思いきや(一一”)夕飯にはスライスした物がお吸い物として出てきました。スライスしているので、1個で十分な見栄えでした。

●栽培2周目の1日目

休養からおよそ3週間が経過し、いよいよ2周目の栽培スタートです。

初日は、パンフレットに手順通りに菌床ブロックを水を入れたバケツに入れて浸け込みます。浸水時間は:8~15時間です。浸け込み中はブロックが浮いてこないように重しを載せておきます。

お約束というか、何というか。。。。バケツの水を床にこぼしてしまい大変でした(ノД`)・゜・。

●栽培2周目の2日目は大きな変化なし!

1回目と栽培と同様に、毎朝霧吹きでブロック表面が乾かないように濡らします。特に大きな変化はありませんでした。

●栽培2周目の3日目

ブロック下部に🍄の芽が数個生えてきました(∩´∀`)∩

しかし、同時に由々しき事態が。。。1回目に収穫した🍄の茎の跡に『カビ』が発生。全体的にです!しかも、色が青っぽく明らかに体に悪そうな色です。

●栽培2周目の4日目

青色のカビが広がってきたので、ハサミ✄で除去していきました。生えている🍄に影響は無いようでした。

●栽培2周目の5日目

( ̄‐ ̄)んー

何かあまり🍄の芽が出ないなぁ~と考えながら毎日霧吹きで水やりです。時々下に溜まった水分を拭き取ってできるだけ清潔にしました。3日目に生えた🍄の芽は順調に成長中です。何か1回目と違い茎が太く、たくましいです。┗(・o・)┛

●栽培2周目の6日目

雨が降って長い間湿度が高かった影響か🍄が急成長ですw(゜o゜)w

●栽培2周目の7日目

連日の雨降りの影響で急成長!そろそろ収穫時期です。

見てください。このシイタケらしい肉厚の傘と茎の部分!!まさしく真のシイタケです。この日の夕方に生えている5本のシイタケ🍄を収穫しました(∩´∀`)∩

 

 

☆彡最後に

1回目の栽培

2周目の栽培

1回目の収穫は67本の収穫でしたが2週目はたった5でした(ノД`)・゜・。収穫した5本は、いも煮の具になりました(∩´∀`)∩

んでも、発生したシイタケ🍄は全て1回目に収穫した物よりも大きく太かったです。色もシイタケって感じに近づきました(;一_一)

この1回目と2回目の発育の違いの要因は何なのでしょうか?不思議でなりません。まさか時間差で内部の真のシイタケ菌が出てくる仕組みとか😆

パンフレットにはうまくいけば3周目も生えてくる可能性があるとのことですが。。。諦めました。栽培を期待していた方がいたらすみません。やりません!!新しいブロック買います<m(__)m>

最初に栽培容器付きの『しいたけ栽培キット』を購入してしまえば、2回目以降は約1,000円(送料込み)の菌床ブロックを購入するだけなので安くすみます。スーパーなどでパック物を購入するのと比べ、楽しめるし量が採れてお得なのではないでしょうか?

反省点というか心残り

2回目の栽培で使用した霧吹き器ですが。。。

除菌リセッシュの空ボトルを濯いで使用しました。よく濯いだつもりですが。。。残った除菌薬液がシイタケ菌を殺してしまったから5本しか収穫できなかったのか?影響あったのか心配です。ちゃんとした園芸用の霧吹き器使用すれば良かった~(>_<)

 

スポンサーリンク

シェアしてください!