親父が初売りで買ってきた『物』

スポンサーリンク

私は2019年1月1日~3日までみっちり仕事をしていました。
1月1日の夜、仕事から帰宅した私に親父が「これ買うかな!」と年始の大量のチラシの中から
ホームセンター ヤマケンのチラシを取り出して言ってきました。
初売りで限定5台の『木工用テーブルソー』です。

木工用テーブルソー

1月2日、仕事から帰ると車庫に置いてありました。テーブルソーの箱が。。。(; ・`д・´)まさか本当に購入してくるとは!
親父は言いました、『あと4台あった。』

(´-ω-`)ということは。。。

一番最初に購入したのが親父ということです。何と縁深いことか。

土台やソーカバーなどは組み立てが必要でした。私も作るの手伝ったのですが、大人二人で約1時間かかりました。
外での作業であったためとても寒かったです(ノД`)・゜・。

完成すると意外と立派で、木材を切った感じも良かったです。
手でギコギコやったのと違い、断面図が綺麗で何より楽でした。これからのDIYが楽しみです。

そういえば。。。DIYを始めたきっかけ。

DIY始めたのが去年の夏のことです。
去年、今年の消費税増税の前に、住んでいた築150年ととても古い自宅を新築しました。駆け込み的に( 一一)
建築している時に出るわけです。木材の廃材が、それも綺麗で大きく、見るからに勿体ない代物が‼

それを見た親父が、業者に聞いてみました。『捨てるんなら貰っていいべが?』と
業者は快くOKしてくれました。それからは日々、良質な廃材探しでゴミ箱あさりです。
おかげでDIY用の木材が大量に手に入りました無料でです(∩´∀`)∩

これがDIYを始めるきっかけです。

これまで廃材で作ったものの一例です。
椅子とロッドホルダーです。

 

他に、池の橋や踏み台などを作りました。全てノコギリでギコギコして切っていたので、大変時間がかかっていました。
これからは、半分以下の時間で作業が進みそうです。

今回伝えたいこと(-ω-)/

読者の皆さん
今後家などを建てる際は、廃材BOXを見てみてください。きっと良い木材やタイルが入っているかもしれません。
そして聞いてみましょう‼
『これ捨てるんなら貰っていいですか?』と。

最後に、無料でもらう時の注意点

無料だから、綺麗で使えそうだからといって木材の貰いすぎには注意しましょう。
あとで、残って大変なことになります。これを防ぐために業者さんには廃材BOXを
撤去する日を聞いておきましょう。
そして、撤去が近くなったら貯めた廃材を吟味して、不必要な分は廃材BOXに
早めに返却しましょう(;一_一)

スポンサーリンク

シェアしてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です