インフルエンザに罹ってしまった件

スポンサーリンク

2019年1月15日(火)
インフルエンザA型と診断された。
インフルエンザに罹ったのは多分十数年ぶりで、感染経路も大体わかっているので経過を投稿しようと思います。

感染前~完治まで

2018年11月インフルエンザワクチン接種

2019年1月12日 14人ほどいる職場の一室で、咳や発熱を訴える方複数名出現。
その内の一人がインフルエンザの検査をするとA型陽性であった。
続いて検査することになった3人も陽性。私は無症状(。◕ˇдˇ​◕。)/

1月13日  父親が職場の友人を自宅に招いて、宅飲み。職場の方々が帰られてから余った刺身やサラダなど残飯を食した。

1月14日  朝から軽い腰痛と咳出現。平熱36.5℃の私が37.3℃に上がったので念のため
インフルエンザ検査を受けた。結果:陰性 ε-(´∀`*)
熱も低めであったため、薬は処方してもらわず家にあった漢方『麻黄湯』を夕方から内服した。
夜間、腰痛悪化。何度も寝返りを打って気を紛らわして我慢した。
以前同じ症状で『感染性胃腸炎』になって、どんどん熱が上がり下痢が止まらなくなるのを
経験しており心配になった。原因としても13日の残り物を食べたのが原因と勝手に想像していた。

1月15日 仕事の昼休み前に体温測定:38.1℃。食欲低下しており腰痛もあったので、昼食は摂らずに横になって仮眠を取った。PM2:30頃に倦怠感の増悪と鼻息が熱くなってきたので、熱が上がったことを感じ取る。(これまでの経験で、鼻息の熱さ具合で自身の体温が大体わかる)体温測定:39.3℃。気持ち的に危機感を感じる。勤務中時間を貰って病院受診。昨日の今日であったが2回目のインフルエンザ検査を実施することになった。結果:A型陽性(ノД`)・゜・。仕事は職務規定に則り、早退して治るまで自宅療養することとなる。病院からインフルエンザの薬を何日か内服する錠剤『タミフル』か1回で済む吸入『イナビル』のどちらが良いか聞かれた。私は1回で済む薬『イナビル』選択した。仕事から帰宅する途中に薬局で薬を貰い、その場で吸入した。家に帰ったのはPM4:15頃ですぐに布団で寝た。夕食前に起きて体温測定してみると39.5℃だった。その日は風呂に入らずPM8:00頃には布団に入ったが、悪寒と腰痛、鼻づまり、咳のせいで翌AM3:00位まで眠れなかった

1月16日 朝目覚めると、昨日よりも症状悪化しており、頭痛が出現。頭痛が段々酷くなり、PM3:00頃に熱が39.7℃まで上昇したため、常備薬の解熱鎮痛剤『ロキソニン60㎎』を内服した。内服した時は一時的とはいえ体が楽になる。夜は昨夜と同じ理由で寝つきが悪く熱があり、ロキソニンを追加で内服した。

1月17日 腰痛が無くなったが、倦怠感と頭痛、咳、鼻水は継続。新たな症状で目の涙止まらず、両目下と鼻の付け根に疼痛、熱感、顔面の浮腫み出現。(私の推測だが、副鼻腔炎のような状態となり炎症で涙道が狭くなったためと思われる。)この日、日中はロキソニンではなく、以前整形で処方してもらっていた消炎鎮痛剤『セレコックス100㎎』を2錠内服した。夜、痰を出そうと咳払いを何度か繰り返したら咳払いに気合入れすぎて150ml位嘔吐した。(*´∀`*)

1月18日 AM3:00 頭痛で目が覚め、体温測定すると38.5℃であったのでロキソニンを内服した。目と鼻周りの症状が少しずつ改善していった。夕方には体温36.5℃と平熱に下がっていた。咳継続。職場に状態報告し、熱が上がらなければ21日から出勤することとなった。

1月19日 症状は咳、喉の痛み、鼻水です。熱と頭痛が無くなっただけでも全然違います。気分的に良好です。

1月20日 咳、喉の痛み、鼻水軽快。通常生活。食事も家族皆と一緒に。

1月21日 仕事復帰‼職場に迷惑かけたので菓子折り持って行く。

まとめ

  1. インフルエンザ予防接種は絶対ではない。罹るときは罹る。
  2. 症状出初めの時期は、インフルエンザ検査しても判定が陰性になることがある。(他施設でも同様の事例あり)
  3. 2番のことがあるので、陰性になったからと言ってマスクを外したりしない。
  4. 2番のことがあるので、症状悪化したり継続する場合は再受診、再検査。
  5. 解熱鎮痛剤は常備薬に入れておくべし。
  6. 家族に移さないように、病気にかかった自分から極力接触を避けるようにしましょう。
  7. 1回インフルになったから大丈夫!と思ってはいけません。A型、B型の2種類があります。今年はA型が先に流行してます。
  8. 追記:ロキソニンについて
    後で知ったことなのですが、ロキソニン®が15歳未満の子供の服用が禁止されていること、未成年はインフルエンザによる合併症を起こしやすいことから、使用は20歳以上の成人に限定されてるとのことです。
    ですので、自宅に頓用があったからといって子供には内服させないようにしましょう。高熱が出たり頭痛の症状がある場合はかかりつけの医師に相談しましょう。

≪個人的な考え≫
今回治療薬に『イナビル』を選択しましたが、私の体が鈍いのか今回罹ったインフルが強いのか効きの速さが遅いような感じがしました。イメージとしては、インフルエンザの薬を使用した翌日には熱はさがーるいめーじがあります。私には(; ・`д・´)
もし今後インフルに罹ったら錠剤を選択してみようかなと思います。
皆さんもお体には気をつけてのぉ~

インフルエンザについて分かりやすく説明されているサイト

スポンサーリンク

シェアしてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です