2019/7/14 鼠ヶ関に真鯛、キス釣り(地図あるよ)

スポンサーリンク

去年の同じ時期に、鼠ヶ関の同じ場所で真鯛の狙いの投げ釣りを行い、50㎝の真鯛を釣りあげました。1匹だけですが(;一_一)
その時の感動が忘れらえれず、今年も真鯛狙いで釣行に出かけました。

日付:7月13日~14日
釣行時間:23:30~9:30
場所:鼠ヶ関の赤灯台付近
対象魚:夜間=真鯛、朝マズメ=キス
天気:曇り時々雨、後晴れ
気温:20℃前後
私の釣果:キス15匹、小アジ3匹、
(一緒に行った友人もキスやメバルなどを釣っていました。)

●準備

真鯛狙いの遠投ぶっ込み釣りでは生き餌を使用します。ポピュラー生き餌としては、ユムシや青イソメ、タイムシなどです。去年、真鯛の特攻エサとして知られるタイムシを購入しようとしましたが、売り切れで入手することが出来ずユムシで対応したという経験があります。ですので、今回は早めに注文を行いました(;・∀・)

釣り餌は釣餌専門店サワムラさんから通販購入しています。通販なので到着日時指定でき便利です。また、通販なのに餌の活きの良いので毎回利用させてもらっています。

《今回準備した生き餌》

タイムシ 2000円分 ⇦ 少なかったです
養殖青イソメ 500円分 ⇦ キス釣り用に購入。2人で使用では少なかったです。
ユムシ 4匹 ⇦ タイムシが時価のため、どれ位送られてくるか分からなかったのでとりあえず買っておきました。去年の実績もありますし(>_<)

タイムシ

養殖青イソメ

ユムシ

今回入手できたタイムシは時価のため、どれくらい届くか分かりませんでしたが2000円あれば十分だろうと考え、他に念のためユムシを購入しました。ユムシは餌持ちが良いのでそんなに多くは必要ありません。

 

釣餌専門店 サワムラ 公式サイト

☆真鯛ぶっ込み釣りのおススメ仕掛け

丈夫で錆びにくく、使いまわし可能です。仕掛けの適度な長さも良いです。2袋あれば十分です。

☆キス釣りのおススメ仕掛け

海岸沿いみたいに超遠投するわけではないので、仕掛け全長がそんなに長くなく針の数も3本ぐらいで手返し良いのが☟のキステックです。気分によりますが、これまでのキス釣りで1番多く使用しています。針の形状や魚へのアピール力が良く、それでいて使いやすい(;・∀・)他、同じSASAMEジェットキスキスアスリートも使用したりします。キス釣りは根ががったり、魚に切られたりするので4袋位あれば良いと思います。

●出発

当日は土曜日、朝から仕事で17:00過ぎに自宅へ帰宅。そこから釣り具一式を大急ぎで準備しました。それから、夕食と風呂に入って餌の配達まで録画しておいた『未来のミライ』を見てました(;一_一)/

生き餌の到着後すぐに出発!山形市内の友人を迎えに行って下道で鼠ヶ関を目指しました。片道約2時間半。

●鼠ヶ関に到着

23:30位に鼠ヶ関のコンビニに到着。夜食と明日の朝食を購入しました。コンビニはローソンであっため『からあげくん』(好物)も購入。コンビニ駐車場で夜食を食べた後、漁港に向かいました。

以前は漁港内へ車で侵入でき駐車もできたのですが、最近あった地震の影響で漁港内には駐車できないように入口にバリケードが張られていました。そのため、釣り場から大分手前に駐車して、釣り具を持って赤灯台に向かいました。とても大変でした。

そういえば、鼠ヶ関で有名な石の鳥居が地震で破損していました(゚Д゚)ノ震源も近かったので余程揺れたんでしょうね。屋根がブルーシートで覆われている家が何件もありましたし。。。

朝方に撮影した赤灯台

●釣り開始

釣り開始は0時近くでしょうか。去年は寒くてガチガチでしたが今回は釣りし易い気温でした。序盤からタイムシを使用。。。去年は、写真の位置と離岸堤の丁度真ん中位で真鯛が釣れました。

前当りも無いまま時間だけが過ぎていき。。。明るくなっていきました(ノД`)・゜・。世の中は3連休という事もあり、離岸堤には沢山の釣り人がいました。ボートで沖に繰り出す人達もいていいなぁ~と眺めていました。

根がかりや何やらで餌が尽き。14日6:00~内海に向きなおしてキス釣りに移行しました。キス釣りは序盤からコンスタントに釣れました。この場所は、超遠投する必要が無く手軽に釣れるのでおススメの場所です。外海向きだと根がかりが多く個人的にはキス釣りには向きません。

キス釣りに転向してから幾分過ぎたころ、500円分の青イソメを二人で使用していたのでエサ不足に陥りました。ガルプなどの臭い付きワームを試しましたが釣果は今一つでした。時間帯的にも終了かなぁ~と思ったので9:30までと納竿時間決めました。

。。。納竿。

駐車場に戻って、昨夜コンビニで購入しておいた朝食を食べてから帰路につきました。

●帰路

帰りは友人が運転するというのがルーティーンになっています。私は助手席で目を瞑り瞑想しています。(´-ω-`)
途中、運転している友人が体力的にも限界に近づいている感(私もですが)がしたので、鶴岡のコンビニ駐車場で1時間の仮眠を取りました。帰りは昔のゲームソフト『魔界塔士SaGa』の話題になり、急にやりたくなりました。
☞後日、楽天市場で衝動買いしてしまいました(´-ω-`)。もちろん初代GAMEBOYで行います。単三電池4本使って。。。

1989年に発売されたGAMEBOY初のRPG

昼は山形市内の『はちのや』にいって、油そばの大盛り食してきました。ここは美食会で今後ぜひ載せたい場所であります。今回は写真撮り忘れました。(食べてる最中に思い出すんですよね。。。)

●反省

今回の釣行は前日17:00に仕事終わって⇨帰宅後に準備⇨夕食とり⇨風呂入り⇨20:00の餌配送を待って⇨配達されたらすぐ出発。到着後はすぐに釣り開始。。。翌朝9:30まで釣りして⇨帰路(途中睡魔の危険が迫り1時間仮眠タイム)⇨再び帰路⇨山形市内で昼食⇨解散⇨道具片付け=16:00という事でした。およよ33時間ろくに睡眠をとらず、体を酷使する釣行となりました。(途中雨だったし)

7月13日(土)17:00 仕事終了自宅へ
17:20~ 帰宅後釣行の準備と夕食
19:00~ 風呂
20:15 生き餌の配送到着後すぐに出発(友人宅へお迎え)
20:45 友人宅へ到着、荷物積み込み後、鶴岡へ
23:30 コンビニで夜食調達
7月14日(日)0:00~ 真鯛ぶっ込み釣り開始。友人はメバリング
6:00~ キス釣りに移行
9:30 納竿。駐車場で朝食。
10:00~ 鶴岡のコンビニ駐車場で仮眠
11:00 再び帰路へ。昔のゲームソフト、キノコ採りの話題で盛り上がる。
13:00 『はちのや』で昼食
14:00 友人宅到着
15:00 自宅到着、片付け
16:00~ 爆睡

とてもハードなスケジュールでした。テトラポッドの上で30分位竿を持ちながら目を瞑ったりしていました。釣りしている時は集中してて眠気が無いんですが、納竿してからがドット疲れと睡魔が押し寄せました。今後は、年齢も考え無理しないように計画しようと心に決めました。あと、青イソメは1000円分必要かな?

釣果的には、タイムシなど高価な餌を使用しても目当ての真鯛が釣れなかったのが残念でしたが、キスが十匹以上釣れたので気持ち的に救われました。その日の夜はキスの天ぷらでした(。◕ˇдˇ​◕。)サーフの妖精旨し!!

次の真鯛狙いは来年です。でも、近々キス釣りにはまた来ようと思っています。

スポンサーリンク

シェアしてください!