メキシコペソ相場観(テクニカル編)

スポンサーリンク

はじめに

本ページに記載の内容は、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、将来の投資成果を示唆または保証するものではございません。投資の最終決定はご自身の判断で行ってください。

主に私が取引しているMXN/JPYに対する相場観で、私個人の見解です。

メキシコペソと相関性高い市場データ
あまり多くても判断に迷うだけなので、下記のデータを参考にしています。👀

《正相関》

NYダウ:メキシコにとって最大の貿易相手国アメリカの経済状況を反映
原油価格:歳入の3割以上が石油収入。
ZAR/JPY:同じ新興国通貨として

《逆相関》

①USD/MXN(DXY):メキシコペソ/円に1番影響するデータ
②EUR/AUD:VIX指数と似た動きをすることで知られています。単にVIX指数を見てもいいと思います。NYダウに影響大です。

注意が必要であるが、普段はあまり気にしない
米長期金利:DXYに影響大。リスクオン相場なら良いが。世界的な不安要因があるリスクオン相場の場合、ドル高、円高時になりペソ安に。
TRY/JPY:同じ新興国通貨であるが、トルコとメキシコは、原油輸入国、輸出国の関係のため、正相関を示したり、逆相関を示すときがある。

テクニカル分析(最終更新:1月23日)

MXN/JPYを中心にテクニカル分析を行っていきます。過去2回分のチャート分析を載せていきます。

各時間足で①②,,,と推移の予想を書いています。数字が若い方が、優位性が高いことを表しています。

≪使用テクニカル》

時間軸 テクニカル
日足 フィボナッチリトリースメント・トレンドライン・チャネルライン・平行線
4時間足 ボリンジャーバンド・トレンドライン・RCI・平行線・(フィボナッチリトリースメント)
1時間足 ボリンジャーバンド・トレンドライン・RCI・MACD・平行線・(フィボナッチリトリースメント/エクスパンション)
15分足 フィボナッチリトリースメント/エクスパンション・トレンドライン・RCI・RSI・T-RRS・5MA・20MA・40MA・75MA・200MA・320MA・1920MA・平行線

※T-RRS:オリジナルインジケーター

☞日足

1月16日予想

1月23日予想

☞4時間足

1月16日予想

1月23日予想

 

☞1時間足

1月16日予想

1月23日予想

☞15分足

1月16日予想

1月23日予想

☞USD/MXN(日足or8時間足)

1月16日予想

1月23日予想

 

☞その他分析項目(2022.1.23)

トレンド 参考データ MXN/JPYへの影響
NYダウ先物
原油価格
ドル/メキシコペソ

テクニカル分析のまとめ

テクニカル分析では、11月26日~1月5日までの上昇に対する調整局面に入っていると考えています。流石に上がり過ぎだと私は考えています。
調整下落の目安としては、前述の期間でのfibと12月15日~1月5日までの上昇でのfibで重なっているライン→5.485、5.427辺りが意識されそうです。5.570のBOXは、明確に抜けてしまったので次のBOXまで進む可能性があります。上の画像では、価格を表示していませんがfib50%の5.527も一応半値戻しの可能性があります。
ドルペソ的には、このまま下落するよりも一旦上昇すると予想します。①②が上昇③が下落した時の予想値です。ドル円が113円として①5.400②5.460③5.575。

5.500のキリ番は、5.6や5.4と違い1円の丁度半分なので、より重要な区切りとしての意味があり、そこまでは1度は下がるんでないかなぁ~と単純に考えています(。-`ω-)🍵逆に考えれば、5.4円台は買いと判断です!!

一つ懸念すべきことが、、、ロシアとウクライナの問題です。事の次第では、リスクオフで超円高が進行するかもです(。-`ω-)一応注視ですね!!

記載内容について
本ページに記載の内容は、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであり、将来の投資成果を示唆または保証するものではございません。投資の最終決定はご自身の判断で行ってください。なお、使用するデータおよび表現等の欠落や誤謬につきましては、当社はその責を負いかねますので、あらかじめご了承ください。また、本ページの内容につきましては当社が著作権を有しております。電子的または機械的な方法、目的の如何を問わず、本ページの内容を当社に無断で複製、転載または転送等を行うことは、固くお断りいたします。
スポンサーリンク

シェアしてください!