追想編:キス釣り釣行記(2020.6.6)

スポンサーリンク

追想編なのですが、2020年6月6日(土)鼠ヶ関にキス釣りに行った時のことを書いていきます(;一_一)/
去年(2019年)7月、中旬から下旬にかけて同じポイントでキス釣りした時は、大変満足のいく釣果で、今年も行こうと考えていました。この釣行の数日前に、職場のスタッフの家族のが新潟に釣りに行ってきて、キスとアジが結構つ入れたという情報を入手したので急遽、親父と週末の休みに行くことにしました。

日付:2020年6月6日(土)
釣行時間:5:15~9:00

《場所》

  1. 鼠ヶ関
  2. 三瀬近くの磯場
  • 対象魚:キス、青物
  • 天気:晴れ
  • 気温:26℃前後
  • 波:0~50㎝
  • 私の釣果:キス1匹、メゴチ1匹、🐡5匹(すべて鼠ヶ関にて)
    親父の釣果:0杯

 

●釣り環境

一応天気で、釣りをするにはいい天気ですが。。。爆釣タイム的に怪しい、潮汐も朝マズメを狙う私にとって最悪な状況ですね。
あと、やっぱりちょっと時期的に早い気がするんですよね。(;一_一)

《波の状況》

《爆釣タイムと潮汐》爆釣タイムを調べる

《海水の透明度》

三瀬の地磯先端部

●出発

朝マズメ頃から釣り開始したかったので、今回も深夜遅くに家を出発しました。前日、仕事帰りに、山形市の上州屋に寄ってキス釣り仕掛けと青イソメを購入していました。

 

●鼠ヶ関から釣り開始

5:20ぐらいから釣りを開始しました。今日も天気が良いです(∩´∀`)∩まぁ天気がいい日を見計らって来ているんですけどね。。。

お気に入りの場所には、他の釣り人がまだいませんでした。

釣り開始して間もなく、アタリがありました。。。。🐡でした。嫌な予感。。。

その後も、釣れるのは🐡ばかり。時に、🐡じゃない引きだと思ったら、人差し指サイズのミニマムメゴチ。とても食べられる大きさじゃありません。リリースです。

後半は、🐡すら掛からない状況でした。親父は飽きて寝ていました。潮が引いている最中の時間帯なので仕方がないです。結局、8:00過ぎ頃に今日の鼠ヶ関は釣れないと判断し、三瀬に場所移動することにしました。

●三瀬の地磯

三瀬海岸沿いの地磯は、釣り激戦区でいつ行っても釣り人がいるのですが。。この日は、ほとんど釣り人がいませんでした。多分釣れなくて諦めて帰ったんだと思います。おかげで三瀬地磯で1番いい釣り場である先端部を確保できました。。。が。やっぱりここでも釣れませんでした。何一つ。。。

 

 

●帰りはいつも通り『はちのや』で、こてっぱちです。

昼食は山形市の『はちのや瀬波店』に行ってきました。なぜか海釣りの帰りは『はちのや』の油そば(こてっぱち)が無性に食べたくなります。油そばなので安定のお味です。

 

●まとめ

天気も良く、波の高さ、透明度も申し分なかったですが。。。潮汐が悪いタイミングでした。潮汐のタイミングさえよかったら、新潟の噂の通りに釣れていたかも分かりません。(ノД`)・゜・。

前日、『明日の夕飯はキスの天ぷらだ!!』と意気込んでたのですが。。。残念でした。

 

 

スポンサーリンク

シェアしてください!